学生支援推進委員会

学生支援推進委員会について

委 員 長:情報工学科 3年次 矢島 真吾
活動人数:4年次2人、3年次3人、2年次5人
活動場所:11号館204室
活動日・活動時間:月曜日・17時30分~20時00分

images/kouan.jpg

 学生支援推進委員会は「学生による学生のための学生支援」を目的に平成20年に発足した専門委員会です。
 学生支援推進委員会は「学生による学生のための学生支援」を目的に平成20年に発足した専門委員会です。 主な活動としては、学生の悩みに答える「こたえてドリバーくん」や、学生の交流を目的とした「夢コネクション」の企画運営、学生に快適な生活を送ってもらうため、人工知能を利用して開発された「IBM Watson」の普及など、様々な学生支援を行っています。 また、課外活動団体の情報や各種申請について記載されている「学友会Web」の更新や、各専門委員会の活動を告知・報告する「学友会Facebook」など、学友会活動について発信する活動にも取り組んでいます 。今年度も皆さんがより良い学生生活を送れるようサポートしていきます。本委員会の活動に興味のある方や質問のある方は、11号館204室まで是非お越し下さい。

活動紹介

・「学友会Web」「こたえてドリバーくん」「夢コネクション」「学友会Facebook」

images/kotaete.JPGimages/facabook.JPG

 学生支援推進委員会では、「学友会Web」、「こたえてドリバーくん」、「夢コネクション」、「学友会Facebook」の運営・企画を行っています。
 「学友会Web」では、各専門委員会や体育部会、文化部会など学友会全体の活動について紹介しています。他にも、行事申請や自転車・バイク通学申請用の書類の説明や配布を行っています。
 「こたえてドリバーくん」とは、学生生活や日常生活に関する悩み・疑問に対してお答えするもので、昨年も多くの質問が寄せられました。これからも皆さんの悩みや疑問に回答し、解決案を見つけることで、少しでも力になれたらと思います。悩みや疑問などがある方は、1号館2階学生コミュニティセンター前に設置してある投稿ボックスに投稿して下さい。質問に対する回答は、毎週火曜日に投稿ボックス横の掲示板に載せています。何気ない話でもお答えしますので、ぜひ気軽に投稿してみてください。
 「夢コネクション」の一環として、毎年冬の季節に臼と杵を用いてお餅をつく体験をしてもらい、つきたてのお餅を食べてもらう「餅つき体験」を行っています。この体験を通して、多くの学生に日本の伝統文化に触れながら学生同士交流してもらい、楽しんでもらいたいと考えているので、ぜひ参加してみてください。
 「学友会Facebook」では、多くの学生に興味を持って頂くために、学友会の各専門委員会の活動報告や、イベントの告知を行っています。昨年度は、各専門委員会が行った地域活動や献血活動の報告、夢コネクションなどの告知を主に行いました。今後も、皆さんに必要な情報をより多く伝え、学友会のことを知ってもらいたいと考えています。

学友会facabookはこちら


・IBM Watson

 学生支援推進委員会では、一昨年から情報処理サービスセンターやIBMと共同でIBM Watsonを用いた学生の自己成長を支援するための取り組みを行っています。
 IBM Watsonとは、IBM社が開発したAI(拡張知能)です。書籍や論文などの文章から得た情報を分析し、質問に対する最適解を提示することを得意としています。
活動内容は、情報処理サービスセンターとIBMの方々と協力して、学生がWatsonにどのような機能を求めるかを話し合うことや、実装を検討している機能を体験し改善点を考えるなどを行いました。また、本学の学生にIBM Watsonを使用してもらい、どのような機能が実装されているかを知ってもらうための体験会を開催しました。

ページのトップへ戻る