学生地域活動推進委員会

学生地域活動推進委員会について

委 員 長:環境土木工学科 4年次 及川 大輔
活動人数:4年次5名、3年次5名、2年次4名
活動場所:11号館205室
活動日・活動時間:月曜日・18時00分~22時00分

images/gakkatsu.JPG

学生地域活動推進委員会は、本学の学生が地域社会の一員として地域に対する奉仕活動の企画立案から運営を担っています。主な活動としては、地域の安全を守るために、大学周辺の防犯パトロールを行う「イーグル・セーフティー・プロジェクト・チーム」や野々市市内の保育施設や老人ホームなどの公共施設で清掃やふれあいの活動を行う「フレッシュマン in Summer」、冬季に白山市で開催される「雪だるままつり」への参加があります。またこのほかに、白山市浜相川海岸や工大前駅周辺の清掃活動など、地域の奉仕活動にも積極的に参加しています。これらの活動を通して、学生と地域社会との連携を深めていきたいと考えています。

活動紹介

・フレッシュマン in Summer

images/freshman.JPG

 フレッシュマンin Summerは、毎年8月上旬に行う清掃ボランティア活動で、学生地域活動推進委員会が行う大規模な活動の1つです。野々市市内の保育施設や公共施設を訪れ、施設の清掃を行い、施設の方たちとの交流を図るボランティア活動の企画、運営をしています。
 学友会専門委員会と課外活動団体、募集した一般学生が参加し、20か所程度の施設を訪問、各施設10名から50名程度で作業に当たります。清掃活動では、施設の草むしりや窓ふき、ベランダの床掃除などを行います。他にも、蛍光灯の取り換えやエアコンのフィルター清掃といった、脚立を用いた高所での日頃できない清掃にも取り組んでいます。清掃活動の後は、保育園であれば、園児たちへの絵本の読み聞かせや簡単なゲームを行うなど様々なふれあい活動を行っています。この清掃活動とふれあい活動を通じて、施設の方々と交流を深めることができます。また、施設の方々だけではなく、本学の学生同士の交流を深めることが出来る数少ない機会です。昨年度も多くの学生に参加していただき、無事に活動を終えることができました。
 このような活動を通して、本学と地域社会の連携を高めていきたいと考えています。フレッシュマンin Summerでは、多くの学生と一体となって活動をすることができます。このような活動を継続的に行っていくためには、本学学生の協力が不可欠です。今年度も本学学生に積極的に参加していただきたいと考えています。皆様のご参加お待ちしております。


・イーグル・セーフティー・プロジェクト・チーム

images/snowman.JPG

 学生地域活動推進委員会は、野々市市内で起こる犯罪を減らすために、白山警察署、野々市市役所と協議を行い、学友会、夢考房、野々市防犯協会を中心とした防犯パトロール隊「イーグル・セーフティ―・プロジェクト・チーム」を結成しました。イーグル・セーフティー・プロジェクト・チームでは、毎月2回のペースで4つの区域に分かれて、パトロールを行っています。その際に、スピーカーによる自転車と車の盗難防止や家の施錠への注意を促すことで、地域の防犯、安全を呼びかけています。
 野々市市内の犯罪件数は、年々減少傾向にありますが、依然として、自転車の盗難による被害は発生しています。このような事件を減らすために、今後もイーグル・セーフティー・プロジェクト・チームを継続していきます。

ページのトップへ戻る