HOME | 研究室概要 | 教員紹介 | 学生紹介 | アルバム | 研究内容 | ものづくり | 研究業績 | 学内専用ページ |

教育実践目標:
   先進的研究とものづくり教育のシステム統合化

    ターゲット:大学院教育・学部教育・ものづくり教育・システム化教育

研究実践目標:
   精密工学が切り拓く革新的技術開発とそのサイエンス

    ターゲット:半導体デバイスの高性能化を支える製造・装置・測定法の新概念開発
           画像・音響情報を利用した機械構造物ヘルスモニタリング法・装置の新概念開発



 “ものづくり”を行うために必須となる加工技術と計測技術は車の両輪と言えます.そのため,本研究室では精密加工と精密計測をメインテーマに掲げています.精密加工では研磨や切断を,精密計測では音響計測や画像計測を取り扱っています.その具体例としては,振動を利用してセラミックスなどの硬くて脆い材料を性能良く切る・磨く技術の開発研究や機械の故障箇所を診断する研究,画像処理を用いた振動計測の研究などがあります.また,これらの多くが産官学の共同研究であることから,その成果は産業界から期待されています.また,本研究室ではこれらの研究テーマに関連した装置の開発提案や製作も行っており,学生は“ものづくり”教育と先進的研究の連携・実践を,臨場感をもって体験することができます.                                              機械工学科・学生へ


研究室教育におけるミッション
 上記の教育実践目標と研究実践目標の融合を果たすべく研究室教育におけるミッションを
1) 大学でこそ可能になる基礎・応用・展開型研究の推進
2) 産学・地域連携による共同研究や公的機関からのプロジェクト研究の実践
3) 所属学生の能力総合化に向けた各種取り組みと一連のラインナップ
と定め学生の総合力育成教育に重点を置いています.


PM4 Laboratory について
PM4とは,本研究室が
精密加工Precision Machining)
精密計測Precision Measurement)
技術マネジメントProduction Management)
をベースとして,研究室メンバー全員が
前向きPositive Members)
に日々の研究室活動に様々な視点から取り組んでいることを示しています.


キーワード
精密工学
精密加工
半導体デバイス 固定砥粒
研磨加工
遊離砥粒
研磨加工
ラッピング
ポリシング
パワーデバイス CMP 最適化
シミュレーション
人工知能
アルゴリズム
有限要素解析 振動研削切断 圧延加工 矯正加工
精密計測
画像処理 音響計測 超音波計測 構造物ヘルス
モニタリング
デジタル
画像相関法
高分解能
アルゴリズム
MUSICアルゴリズム プログラミング
その他
生産原論 日本刀 河川礫
プレゼン
テーション
論文投稿 学会発表 テクニカル
コミュニケーション
海外発表
共同研究 産官学連携 地域連携 産学・官学 学学


精密工学研究室で身につく能力
プロジェクト遂行能力
    ・・・精密工学(精密加工・精密計測)をベースとした,多角的な観点からプロジェクトを進められる
       能力が身につきます
技術文章作成能力
    ・・・中間発表会や論文投稿などを通して,技術文章の作成能力が身につきます
技術マネジメント能力
    ・・・進捗報告会などで自己管理やプロジェクトの管理を行い,総合的な技術マネジメント能力が
       身につきます
コミュニケーション能力
    ・・・池の平研修や展示会への出展などを通して交流を深め,和気藹々と活動することができます


精密工学研究室の倫理綱領
  ※2014年度修士1年生グループが日本機械学会倫理綱領を参考に立案※
  ※大学院科目「プロフェッショナルとしての倫理と行動設計」による検討と提案※
(1) 自己の安全と健康
   具体的には・・・
    安全を第一に考えて行動する
    1人で実験を行わない
(2) 公正・公平な活動
   具体的には・・・
    不正行為を絶対に行わない
    研究ノートによる徹底管理
(3) 環境保全
   具体的には・・・
    廃液を大学で定められた通りに管理する
(4) データ管理の徹底
   具体的には・・・
    研究成果流出の防止
    共同研究内容の機密保持遵守
(5) 社会貢献
   具体的には・・・
    社会の安全・健康・福利に貢献
(6) 情報公開
   具体的には・・・
    学会参加・論文投稿を通じた研究成果の社会還元
  ※2014年11月6日公開※


Copyright © 2009- UNE Lab. All Rights Reserved

金沢工業大学 工学部 機械工学科 精密工学研究室