本文へスキップ

牧野研究室はアンテナ技術を専門とする通信技術研究所です。

金沢工業大学 通信技術研究所 


牧野研究室ではアンテナの研究と開発を軸に様々な研究活動を行っています



外で行われるオリンピック等のテレビ映像は、電波にのせられて軌道上の通信衛星を経て日本の放送局に送られます。これを国際衛星通信と呼びます。そして、この映像は放送局から放送衛星に送られ、その放送電波を各家庭のアンテナで受信することにより、衛星放送という形でテレビ視聴できます。

た、家電製品(オーディオ、テレビ、カメラ)をインターネットに接続するための小型アンテナチップの研究も行っています。通常、アンテナを家電製品の金属部に直接取り付けることはできませんが、電波を制御するメタマテリアル基板をアンテナと金属の間に取り付けることで、小型かつ薄型なアンテナを実現できます。これにより、家電製品の大きさに関わらずアンテナが設置できようになります。

野研究室では、これら衛星搭載用のアンテナ(リフレクトアレーアンテナ)や、メタマテリアル基板を用いたアンテナに関する研究開発を取り組んでいます。
       


 
リフレクトアレーアンテナ


メタマテリアルを用いた小型アンテナチップ
(iPhone4との大きさ比較)

牧野研究室

金沢工業大学
工学部電気系電気情報通信工学科
17号館311

牧野研究室Facebook

KIT牧野研究室ホームページ
(こちらとは別のページです)


金沢工業大学ホームページ



  

牧野研究室