研究室一覧

自動車工学

山部昌 研究室YAMABE Masashi LABORATORY

コンピュータで車づくり・ものづくりに挑む

安全で安心な車づくりを目標に、自動車会社や自動車部品メーカーと共同で、コンピュータシミュレーションを用いたものづくり、事前予測技術の精度向上をめざしています。設計においては、衝突シミュレーションによる乗員保護、空力シミュレーションによる車体設計の最適化、運動シミュレーションによる車両の運動特性解析などに取り組んでいます。

KEYWORDS

  • プラスチック
  • 自動車
  • エネルギー吸収
  • 軽量化
  • 超軽量車両
山部昌

山部 昌

教授・博士(工学)

大阪府豊中高校出身

略 歴
東北大学工学部化学工学科卒。同大学大学院工学研究科修士課程修了。日産自動車(株)総合研究所配属。技術開発センターシニアリサーチャーを経て、1996年本学教授就任。2010年~2013年副学長。
専門分野
化学工学一般、機械材料・材料力学
担当科目
機械応用プログラミングⅠ、機械設計演習、自動車工学、専門ゼミ(機械工学科)、
プロジェクトデザインⅢ(山部昌研究室)、工業力学Ⅰ(再履修クラス)(夏期集中講義)、工業力学、機械要素設計、機械応用プログラミングⅡ、
専門ゼミ(機械工学科)、ビークルシステム工学研究(山部昌)、コンピュータ援用デザイン工学特論(前学期夏)

RESEARCH

数値シミュレーションを用いた設計・製造プロセス最適化技術の開発

気泡応用型流体エネルギー有効利用と環境低負荷化を目指す

近年、自動車をはじめとした各種製品の開発期間が大幅に短縮されているとともに、アジア諸国の技術力向上によって我が国の製造分野も、高機能、高付加価値製品の開発、コスト削減が強く求められている。しかし、一部の製造分野では、製品設計や製造プロセスの最適化など、依然としてトライアンドエラーによって開発されている場合も少なくない。本研究では、射出成形、プレス成形、鋳造、ダイカスト、圧延、押出などの代表的な製品製造方法を対象に、数値シミュレーション技術を用いて、製造プロセス最適化技術の開発を目指す。また、これらの数値シミュレーション技術の他に、構造解析や熱流体解析などの汎用数値シミュレーション技術などを用いた、高精度、高品質、高機能な金型設計、製品設計の最適化技術の開発も行い、付加価値が高く国際競争力の強い製品設計手法、製造プロセスの開発を目指す。

射出成形過程における成形品の残留応力の定量化とその数値解法

ブロ-成形過程における成形品の残留応力の定量化とその数値解法

高校で習う
科目

物理、数学

ページトップへ