金沢工業大学 バイオ・化学部 応用化学科 
渡辺雄二郎研究室

-飛散した放射性物質を回収する新規無機複合体を開発

 福島第一原子力発電所の事故に伴い、飛散した放射性物質による大気や水、土壌などの汚染が、周辺の生活環境に甚大な影響を与えています。研究室では飛散した放射性物質を効率よく分離回収でき、長期間にわたって安定に貯蔵できる材料として、ゼオライトを用いた無機複合体の開発に取り組んでいます。















(図 ゼオライト/アパタイト複合体の走査型電子顕微鏡写真)