略歴

  石川県松任高校出身。
  金沢工業大学電気工学科卒。同大学院工学研究科
  博士課程(電気電子工学)終了。昭和47年本学助手
  就任、助教授を経て、平成9年現職。
  平成7年MIT客員研究員。

専門分野

  専門:画像ディスプレイ工学、電子回路、3次元ディ
      スプレイ
  論文:「線状熱電子源を用いた平面テレビ装置の基礎
      的研究」(学位論文)、
      "LARGE-AREA FLAT CRT" "A WIde-Field-of-
      View 3-D Display" 、等


いつも明るく、元気で、3D画像表示装置の実用化に頑張りたい

横顔
  
  常に情熱と愛とロマンを持って物事に取り組んでおられる。また、レポートや講義は厳しいがわかりやすく
  説明され、いつも学生の将来を思い、相手の立場になって考えており、好感の持てる先生である。


趣味

  スポーツ、居合道、書道


近況

  現現在、光電相互変換デバイスシステム研究開発センターに所属し、高輝度LED(発光ダイオード)ランプの駆動回路の研究と、
三次元ディスプレイの研究とフィールドエミッション型ランプの研究を行っている。
研究室の窓から、高橋川で戯れる鴨や鳶鷺が見え、はるか遠方に医王山を望み、四季折々、自然とふれ会える環境に満足している。
と同時に、人間と自然のかかわりの大切さを実感している。
学生達が「面白い!!」、「スゴイ!!」、「わかった!!」と感動できる仕事をさらに積み重ねていきたいと思っている。


2010 教員録より




坂本康正先生著、「基礎から学ぶ電子回路 増補版」の紹介です。
現在、金沢工業大学(本学)や他の大学で使われており、好評です。




「基礎から学ぶ電子回路 増補版」

工学博士  坂本康正著

出版社:共立出版株式会社

発行年月:1998年8月20日

サイズ/頁:A5/265頁