主な研究内容

■主な研究内容
・低レイノルズ数領域の翼特性
・火星探査無人飛行機の空力特性
・超小型無人飛行機の空力特性の研究
・生物の飛行 生物の翅の空力特性   ・トビウオの研究   ・チョウ  ・トンボ  他

■研究紹介(修士研究)■
研究の詳細は発表論文をご覧ください。

・プロペラの配置による翼の空力特性の変化

・牛山翔, 岡本正人 "低レイノルズ数翼におけるプロペラ後流の影響" 第51回飛行機シンポジウム講演会講演集, 2013

・超低レイノルズ数におけるコルゲート翼の空力特性
Aerodynamic Characteristics of Corrugated Wings at Very Low Reynolds Number



・D名啓太, 岡本正人 "超低レイノルズ数におけるコルゲート翼の空力特性", 第46回流体力学講演会/航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム, 2014

・超低レイノルズ数平板翼空力特性におけるCFDと実験結果の比較

・江田遼, 岡本正人, "低レイノルズ数における平板翼のCFDと実験値との比較", 第44回流体力学講演会/航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム, 2012

・Unsteady aerodynamic characteristics of wings with heaving and feathering motions at very low Reynolds number.


・Kuroda. T., Okamoto. M.,"Unsteady Aerodynamic Forces Measurements on Oscillating Airfoils with Heaving and Feathering Motions at Very Low Reynolds Number," The 2013 Asia-Pacific International Symposium on Aerospace Technology, 2013