HOME | 学科紹介 | 教員紹介 | 在学生へ | 高校生へ | ものづくり | リンク | 学内専用ページ |

2018年度

2018年7月24日
電気自動車等の精密部品や電気機器に欠かせない真鍮(黄銅)
環境負荷の低減から導入が進む鉛フリー真鍮の加工精度向上に関する研究が評価
大学院機械工学専攻修士1年生が工作機械技術振興賞・奨励賞を受賞
大学ホームページでも紹介されています
https://www.kanazawa-it.ac.jp/kitnews/2018/0724_tsuboguchi.html

【以下は大学WEBでの紹介文章】
大学院工学研究科機械工学専攻博士前期課程修士1年生の研究「鉛フリー真鍮の小径穴あけ加工に関する研究 (γ相が切りくず排出性に及ぼす影響)」が,新規性,独創性などが評価され,公益財団法人工作機械技術振興財団から第39次工作機械技術振興賞・奨励賞を受賞しました.贈賞式は6月18日(月)に霞ヶ関ビル35階の東海大学校友会館で行われました.
(財)工作機械技術振興財団では工作機械技術に関連する論文の中から,新規性,独創性,産業への応用性などを勘案し,優秀な論文に対し,工作機械技術振興賞として論文賞と奨励賞の2種の賞を贈り,表彰しています.奨励賞は,工作機械の技術に関する学生の優秀な卒業研究発表に対して賞を贈り表彰するもので,本年は日本機械学会,精密工学会学および砥粒加工学会における卒業研究講演論文集の中から約150件が推薦され,審査委員会の慎重な選考を経て,9件が選ばれました.
「鉛フリー真鍮の小径穴あけ加工に関する研究 (γ相が切りくず排出性に及ぼす影響)」は,(社)日本機会学会北陸信越学生会第47回学生員卒業研究発表講演会で発表されたもので,独創性と発展性に富む内容が評価され,日本機械学会北信越支部賞学生賞を今年3月に受賞しています.
【当研究の社会的意義】
真鍮(黄銅)は被切削性に優れ,磁性を帯びることもないため,自動車や電気自動車などに搭載される精密部品や各種の電気機器に欠かせない材料ですが,従来は被切削性向上のため鉛を含有させていました.近年,環境負荷の低減や人体への配慮から鉛フリー真鍮の導入が世界的に進みつつありますが,被切削性の面で様々な課題が依然残されています.この度受賞した研究は小径穴あけ加工時の切くずの排出に注目したものです.加工時に切りくず詰りが生じると穴開け工具(ドリル)の折損に繋がり,精密加工を進める上での障害となります.当研究は真鍮材料の硬質組織であるγ相を起点として切りくずの分断性を向上させることにより,切りくずの効果的排出を提案したもので,鉛フリー真鍮の加工精度を向上させるものとして評価されました.
【受賞論文】
「鉛フリー真鍮の小径穴あけ加工に関する研究 (γ相が切りくず排出性に及ぼす影響)」
【指導教員】機械工学科 加藤秀治教授





2018年7月11日
工具損傷メカニズムの解明による高能率加工と
日本刀の評価・設計法の研究成果が評価
大学院修了の渡邉賢太郎さんと博士前期課程2年の大井恭さんが
精密工学会ベストプレゼンテーション賞を受賞
大学ホームページでも紹介されています
http://www.kanazawa-it.ac.jp/kitnews/2018/0711_jspe.html
 
【以下は大学WEBでの紹介文章】
公益財団法人精密工学会が主催する2018年度精密工学会春季大会学術講演会が3月15日〜17日に開催され,大学院工学研究科機械工学専攻の渡邉賢太郎さん(2018年3月修了)と,同専攻博士前期課程2年の大井恭さんが揃って同学会ベストプレゼンテーション賞を受賞しました.精密工学会では,春季・秋季大会学術講演会において優れた講演発表に対しベストプレゼンテーション賞の表彰を行っています.今回の春季大会の総講演件数は459件で,そのうち対象となる講演364件の中から40件(40名)のベストプレゼンテーション賞の受賞者が選ばれました.
−−−
駆動型ロータリ加工による焼入れ鋼の高能率加工に関する研究 ―切削環境の違いが工具損傷に及ぼす影響―
渡邉賢太郎さん(2018年3月修了生),加藤秀治教授,久保田和幸さん,中村浩人さん
金属同士の摩擦や繰り返し荷重が加わるカムなどの自動車用エンジン部品には高硬度特性を有する焼き入れ鋼が多用されています.研究室では偏心カムの仕上げ加工をターゲットとしており,被膜超硬合金工具と駆動型ロータリ加工の組み合わせにおいて送り量を増加させることにより,3〜5倍の高能率加工を可能としています.さらなる高能率加工を考えた場合には,送り量のみではなく切削速度を増加させる手法が必要不可欠となりますが,高能率化の達成には切削温度の上昇による工具損傷が大きな障壁となっていました.本研究では,従来使用される切削速度の3倍の条件において工具損傷機構の解明を試み,被膜工具の寿命の原因が被膜の酸化に起因することを突き止めました.また,この結果を踏まえマイクロドライアイスパウダーを供給することにより工具被膜の酸化を抑制することが可能となり,これまでは不可能であった高速切削速度条件における工具の長寿命化を達成しました.
−−−
新作日本刀の評価・設計法の研究 ―刀剣研師の感性評価と現代刀の審査結果に基づく新作日本刀の設計アプローチ―
大井恭さん,畝田道雄教授,石川憲一教授
日本刀は我が国における工業技術の原点であり,歴史的文化遺産の一翼を形成しています.古来より武器としての実用性に加え,戦国武将らの権威を高めることも目的として,その美術的価値が合わせて求められてきました.そして,作刀に関わる多くの匠らの絶え間ない「美」への探求によって多くの名刀が生み出されてきました.現在においても,多くの匠らの努力によってその技術は継承されています.しかし,継承されている技術は感覚で捉えられることが主体で,後に続く若い匠らが参考にできる羅針盤的指標は十分と言えないと考えられます.このような事柄を背景に,本研究では新作日本刀の評価・設計法の提案と実証を行い,我が国の歴史的文化遺産を後世に引き継ぐための道標の明示を最終目的としています.ベストプレゼンテーション賞を受賞した学会発表は,刀剣研師の感性を解析し,深層心理を可視化することによって刀剣研師の成長プロセスの解明を試みた結果について言及したものです.さらには,現代刀の審査・展覧会における評価結果を統計的・数理解析的に分析することを通じて,新作日本刀の2次元的な形状設計を工学の立場から試みた結果を報告しました.なお,本研究の一部は科学研究費補助金(テーマ名:日本刀の「美」の科学的解明とそれに基づく新しい作刀評価・設計法の提案と実証)の支援を得て行われているものです.





2018年5月4日-5日
秋田県の大潟村ソーラースポーツラインで開催された
電気自動車の競技会「ワールド・エコノ・ムーブ」で
十河研究室が開発したリアサスペンションで発電する
小型電気自動車のプロトタイプが実走行実験を実施し
大きな注目を集めました
大学ホームページでも紹介されています
http://www.kanazawa-it.ac.jp/kitnews/2018/0517_EV.html

【以下は大学WEBでの紹介文章】
金沢工業大学工学部機械工学科十河研究室と国際高等専門学校の小間徹也准教授の研究グループは,このたびリアサスペンションで発電する小型電気自動車のプロトタイプを開発しました.「MAMETANK」と名付けられたこの電気自動車は5月4日,5日の2日間,秋田県の大潟村ソーラースポーツラインで開催された電気自動車の競技会,「ワールド・エコノ・ムーブ」で実走行実験を実施し,大きな注目を集めました.一般的に自動車のサスペンションは振動エネルギーを熱エネルギーに変換することで振動を減衰させます.しかしこの場合,熱エネルギーは大気中に廃棄されるため再利用には至っていません.振動エネルギーを電気エネルギーに変換し回収ができれば,エネルギーの効率的な利用が可能になります.研究グループは磁気サスペンションを独自に開発し「MAMETANK」の後輪に搭載しました.このサスペンションは,装置内部に配置する電磁コイルと磁石を,走行時に発生する振動によって相対的に動かして発電させる電磁誘導現象を利用したものとなっています.発電の過程では電磁的な制動力が生じるため,この力を振動減衰力として利用することにより,発電とダンピングの2つの機能を同時に得ることができます.開発した発電モジュールは,磁石とコイルを逆方向に駆動し相対運動速度を高める独自のリンクメカニズムを実装することにより,発電量とダンピング力の双方を向上させることに成功しています.金沢工業大学では国連全加盟国が合意した世界を変える17の目標「SDGs」の達成に向け,社会実装型の教育研究を進めています.SDGsが理念とする「誰一人取り残さない」世界へと変革する新技術は,学生たちの発想と教員の知見が結びつくことで実現可能となるのです.





2018年4月2日
新入生と機械工学科教員との対面式が行われました





2018年4月1日
学部・大学院の入学式が挙行されました





2017年度

2018年3月29日
扇が丘キャンパスの枝垂れ桜が満開です
4月1日に挙行される入学式で新入生をお待ちしています






2018年3月17日
学部卒業式が挙行されました おめでとうございます!!!






2018年3月12日
大学院学位授与式が挙行されました おめでとうございます!!!






2016年度

2016年12月20日
長野県坂城町「鉄の展示館」に精密工学研究室による研究成果を
常設展示するコーナーが出来ました
是非ご覧ください
本内容は大学のホームページでも紹介されました
http://www.kanazawa-it.ac.jp/kitnews/2016/1201472_3789.html

【以下は大学WEBでの紹介文章】
長野県坂城町にある「鉄の展示館」(館長 山村 弘 坂城町長)に,機械工学科精密工学研究室(指導教員 畝田道雄教授)で行われた日本刀に関する研究成果を常設展示するコーナーが設けられました.「鉄の展示館」は刀匠の町「坂城」に誕生した施設で,人間国宝 故宮入行平刀匠の功績を顕彰するとともに,鉄の加工技術の変遷がわかるようになっています.坂城町と金沢工業大学は平成27年6月6日(土)に連携協定を結び,学術研究交流事業をはじめ,「鉄の展示館」における展示企画も連携して行っていくことになっています.このたびの展示はこの第1段として行われたもので,学生2名と畝田教授が現地を訪問し,学芸員とともに展示ブースを設置しました.展示内容は日本刀というミレニアムを貫く我が国の誇る伝統工芸品に対して科学的にその機能と感性にアプローチしたもので,従来から行われてきた日本刀の展示手法とは異なる,まったく新しい切り口での展示となっています.これを機会にぜひご覧ください.この研究成果の一部は,文部科学省「知(地)の拠点整備事業」の一環として金沢工業大学が進めるるCOCプロジェクトの一つ『「匠の技」を科学する』プロジェクトの研究活動の成果となっています.





2016年11月20日
秋のオープンキャンパスが開催されました
多くの方々にご来学頂き,感謝申し上げます






2015年度

2015年10月26日
夢考房ソーラーカープロジェクトがオーストラリア横断3000kmレースに出場し
無事完走を果たしました
機械工学科からは学生と小橋講師が参加しました
お疲れさまでした
詳細は大学ニュースを是非ご覧ください
リンク:http://www.kanazawa-it.ac.jp/kitnews/2015/1199485_3657.html






2015年10月25日
KIT秋のオープンキャンパスが開催されました
久しぶりの更新ですみません・・・
こちらは精密工学研究室のブースです
学生スタッフさん宜しくお願いします


開始前ですが賑わってきました



高野主任による学科紹介です



高杉講師によるエンジン分解・組立実習も行われました
同時開催で森本教授・瀬川准教授による3D-CAD体験講座も
行われました


午後からはミニ講義です
岸教授による「材料科学」講義体験


こちらは杉本准教授による「流れ学」講義体験です
多くの皆様にご来場頂き感謝します






2015年5月14-16日
MEX金沢(機械工業見本市金沢)に機械工学科ブースが出展しています
こちらは精密工学研究室(畝田教授)のブースです


学生スタッフとピース


こちらは森本教授・所長の先端材料創製技術研究所のブースです
みんな笑顔ですね


インパルスハンマによる振動応答体験もあります
この2つブースともに一部はCoC事業(Center of Comunity)による活動成果でも
あります
是非ご覧ください






2015年4月19日
春のオープンキャンパスが開催されました
こちらは畝田研究室の展示ブースですね


学生スタッフありがとう!!!


学生による学生のための相談コーナーもあります


全体展示外観はこんな感じになっています


高野主任による学科紹介です






2014年度

2015年3月10日
大学院修士1年生による中間発表会が開催されました
まずは高野専攻主任による開会挨拶です


ポスター形式でシッカリと1年間の研究成果を披露します


専門分野の異なる多くの先生方から刺激や激励を受ける良い機会
になりましたね






2014年11月13日
KITステークホルダー交流会2014が開催されました
大勢の企業様の前で学生が堂々たるプレゼンテーションを行いました
参加頂いた皆さまに感謝いたします


とても上手でした


ポスターセッションも行われました






2014年8月4日
機械工学科3年生の授業「進路セミナー」で企業見学が実施されました
3つのグループに分かれてそれぞれの企業を訪問しました
ご対応頂きました企業様に感謝です!!!
見学後の質疑応答では学生からの多くの質問に的確にご回答頂けました






2014年7月19-20日
夏のオープンキャンパスが開催されました
多くの皆さまのご参加に感謝です
高野主任による学科紹介


田中准教授によるサッカーの力学
アクティブラーニング形式でいろいろ楽しい話題でした


こちらは毎回好評の小橋講師・高杉講師によるエンジン実習
大きな声と明るいトークで場を盛り上げています
新入生の実習を体験してみましょう


学生スタッフも頑張ります


こちらは中田教授・斉藤講師によるCFRP成形体験
大学3年生の専門実験を体験します


研究室ブース展示も行われました


こちらはお馴染み「ぺったん君」
協力してくれた学生にも感謝です






2014年4月20日
春のオープンキャンパスが開催されました
瀬川准教授による3D-CADとものづくりの講座


大学生がシッカリとサポートしています


できるかな


真剣な様子ですね


こちらは小橋講師によるエンジン分解・組立実習体験


少人数で頑張ってくれました


こちらも大学生がシッカリとサポートします


いかがですかね???


午後です
医工連携オナーズプログラムの活動成果発表です


これは卒業研究ではありませんので1〜3年生のプレゼンです


毎日の講義・演習と並行してこのような活動にも取り組めます


とても上手でした


相談コーナーもあります
学生相談・教員相談,どちらが人気???


展示ブースです


賑わっていますね


最後にピース






2013年度

2014年3月3日
大学院機械工学専攻修士1年生による中間発表会が開催されました
高野主任から開会の挨拶


記念撮影ですね


ディスカッションで頑張っています


こちらも


こちらもですね
この経験を修士2年次の研究につなげてください






2013年11月17日
秋のオープンキャンパスが開催されました
多くの方のご来場に感謝します
研究室展示が賑わっています


こちらも


高野主任からの学科紹介


瀬川准教授による3D-CAD体験


続き


いかがですか


皆さんがんばってください


学生相談コーナーもありました


何のお話かな???


3D-CADで設計して3Dプリンタで造形したもの・・・おみやげにどうぞ






2013年10月29日-11月1日
精密工学研究室の大学院生が台湾で開催された国際会議で発表してきました






2013年10月15日
World Solar Challengeに出場したメンバーが帰国しました
小橋講師が撮影された写真をアップします
さらに詳細はソーラーカープロジェクトのWEBにあるかも・・・
下記はコントロールストップで整備する学生


コントロールストップに到着した車両
(右・KIT,奥・おそらくトロント大学,左・ミシガン大学)


ゴールの瞬間・多数の人が拍手と大きな声援で迎えてくれた瞬間






2013年8月3日
World Solar Challengeに出場するソーラーカーお披露目が行われました
機械工学科教員からは山部教授・小橋講師が引率されるそうです
頑張ってください!!!


プロジェクトメンバー(一部)と
気合い入りますね






2013年7月13日-14日
「夏のオープンキャンパス」が開催されました
多くの皆さまのご来場ありがとうございました!!!
第1日目
スケルトン型の3Dプリンタです


最終打ち合わせ中・・・


早速スーパーぺったん君の登場です


レース中・・・???


こちらはハッキリ君の説明中ですね


高野主任からの学科紹介が始まりました


アクティブラーニングを取り入れています


企業人事担当者と高野主任との公開対談が行われました
ご協力頂きました中村留精密工業株式会社様,株式会社東振精機様
ありがとうございました


企業で必要となる人材・人財について分かりやすくお話し頂きました


こちらは3D-CADとものづくりのコーナーです
森本教授からの概要説明中です


瀬川准教授による操作説明中です


今回はこのような形状のコンロッドを設計してみます


学生スタッフの皆さんありがとう!!!


鏡で遊んでいるのかな???


研究室展示ツアーですね


内燃機関研究室です


畝田教授による午後からの体験講座


こちらは小橋講師によるエンジン実習の終了後・・・


第2日目が始まりました


大変賑わっています


新谷教授からのご説明です


高野主任からの学科紹介のあとの特別企画が始まりました
小橋講師からの概要紹介です


WSCに出場するソーラーカーPro.リーダー学生との対談です


第2日目も3D-CADは満席でした


瀬川准教授も大忙しです


研究室展示ツアーも盛り上がりました
こちらは新谷教授


田中准教授から生体材料・複合材料の研究紹介


内燃機関研究室学生スタッフからの紹介


午後からは新井山講師からの専門実験体験が行われました


こちらは第1日目に引き続いて行われた小橋講師によるエンジン実習体験


取材カメラも来ていました
緊張するね






2013年7月12日
明日・明後日で開催される「夏のオープンキャンパス」展示準備を行いました
機械工学科のメイン会場は7号館です


スーパーぺったん君もスタンバイOK!!!


こちらは何かの実験準備中の様子ですね


石ころがあるようですが・・・


いろいろなパネルが展示されています


こちらも


たくさんありますね


ゲームですかね??? 答えは当日のお楽しみ!!!


教員紹介パネルです


こちらもなにやら実験準備中の様子
自動車模型が見えますね・・・風洞実験です


こちらも体験講義実験準備の様子
エンジンですね


7号館の入り口はこちら
皆さまのご来場をお待ちしています






2013年7月5日
大学院機械工学専攻「機械部品最適デザイン統合特論」で第2回目の特別講演会
が行われました
今回は本学大学院ビジネスアーキテクト専攻の土屋教授からです
トヨタ品質管理方式(TQM)を学びました
今回の特別講義の内容を活かして設計・製作に挑みます






2013年7月1日
機械工学科が日本技術者教育認定機構(JABEE)審査に合格しました
下記「認定証」の日付は4月26日になっています
上記7月1日はWEBアップの日付です
これからも継続的な教育改善活動に努めて参ります






2013年6月12日
畝田道雄研究室が池の平研修に行ってきました
PDV(卒業研究)における教育活動の一環です
蕎麦打ち体験をされたようですね






2013年6月8日
機械系学科同窓会「機扇会」の総会が開催されました
機械系学生の「褒め」の教育サポート事業などを展開されています
ありがとうございます!!!
ちなみに会長は中田先生がお務めです


総会の司会は杉本先生がご担当されました






2013年5月19日〜23日
台南市のNational Cheng Kung Universityで開催された
12th Asian Symposium on Visualizationにて流体工学研究室の
大学院生2名が発表しました
学会会場での記念撮影のようですね


オーラルで頑張って発表しています


こちらも


先生と一緒に観光も楽しまれたみたいですね
世界的見聞を若いうちに経験することはとても良いこと
これからもグローバルに活躍してくれるでしょう






2013年5月18日
MEX金沢2013の第3日目がスタートしました
快晴です


第3日目も盛り上がっています


大学院モジュール科目のプレゼンも行いました


「K」??? 何となく・・・


「I」??? うんうん・・・


「T」??? ちょっと微妙・・・実物はちゃんと見えますよ
オープンキャンパスで見られるかも???


かなりの盛り上がり


どう???って感じ???


R2-D2???


事務局スタッフも説明支援です


終了です
さぁ後片付けだ〜
学生諸君の手伝いに感謝!!!
このプレゼンの経験をこれからいろいろ活かしてください






2013年5月17日
MEX金沢2013の第2日目がスタートしました
これは鏡でしょうか・・・いえ違います
謎はブースにて


学生が来場者へ一生懸命説明しています
これも学生教育の一環です






2013年5月16日
MEX金沢2013の第1日目がスタートしました
こちらは先端材料創製技術研究所のブースです.


大学院モジュール科目「機械部品最適デザイン統合特論」の成果ポスターです.


こちらは医工融合技術研究所のブースです.


こちらは畝田道雄研究室のブースです.






2013年5月15日
明日から開催されるMEX金沢2013の展示準備を行いました.
機械工学科からは医工融合技術研究所・先端材料創製技術研究所・
畝田道雄研究室の3ブースを出展します.
下記写真は畝田研の展示準備風景です.「石」が置いてありますね.
何の研究でしょう!!!
大学院モジュール科目「機械部品最適デザイン統合特論」の成果報告
ポスターもあります.






2013年4月21日
「春のオープンキャンパス」が開催されました.


機械工学科はこちらです.


畝田研究室「ぺったん君」が取材を受けています(^^)


高野主任から学科紹介


小橋講師からのミニ講義(午前)


畝田教授からのミニ講義(午後)


研究室展示ブースは非常に盛況でした


こちらも


記念スタンプを押しましょう


相談コーナーもありました






2013年4月20日
明日開催される「春のオープンキャンパス」の準備です.
機械工学科はコラボレーションスタジオで開催です.


相談コーナーもあります!!!


これが噂の「ぺったん君」と「はっきり君」???


多くの研究室展示があります


「ぺったん君」で記念スタンプを是非!!!






2013年4月1日・2日
平成25年度学部・大学院入学式が挙行されました
学内の桜も満開です!!! ご入学おめでとうございます



Copyright © 2013- Dept. Mech. Eng. All Rights Reserved, Since April 1, 2013

金沢工業大学 工学部 機械工学科